1. 新着

ジャポニズムを感じながら、新たな魅力を発見できる『ロートレックとミュシャ パリ時代の10年』

芸術の都であるフランスのパリで活躍したロートレックミュシャ

2人の名前は知らずとも…その作品やポスターをどこかで見たという方もいらっしゃるのでは?

そんな2人の活躍した10年間に焦点を当て、石版画ポスターなどの作品がご覧になれる、大阪中之島美術館にて開催中の『ロートレックとミュシャ パリ時代の10年』をご紹介します。

『ロートレックとミュシャ パリ時代の10年』の概要と見どころ

本展は、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864-1901)アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)が芸術の都であるフランス・パリで活躍した、1891年から1900年までの10年間に焦点を当て、二人が共通して取り組んだ石版画ポスターを中心にご紹介する展覧会です。

見どころは、ロートレック作全ポスター作品31点を一堂に紹介されていること。

私にとって、こんなにたくさんの作品を見ることができたのは初めてで、また初めて鑑賞する作品も多く、何度も会場内を行き来した展覧会でした。

試し刷りやステートの違いを知れる!

今回、大阪中之島美術館に寄託されているサントリーポスターコレクションならではのステート(※)違いや試し刷りの段階のものも鑑賞することができました

どこが違うのか、見比べながら鑑賞でき、間違い探し感覚で楽しむことも。

※ステートとは、同じ作品でもインクの色を変えたり文字の無いヴァージョンがあったりと、全て完成作品でも、様々なヴァリエーションがあるので、「第1ステート」「第2ステート」と区別して呼ぶためのものです。

2人の共通点は日本美術から影響を受けている?!

浮世絵や日本画が好きな筆者は、日本美術から強い影響を受けているであろうロートレックのポスターやリトグラフ、ジャポニズムを取り入れている感じられるミュシャのポスターが好きです。

大胆な構図を用いているロートレック、四季が感じられるミュシャ、2人の平面的なポスターデザインはまるで浮世絵のようでした。

私のイチオシ展示は香水「ロド」

また、筆者のイチオシの作品は、ミュシャが香水のパッケージを担当した、“発射式香水「ロド」

ミュシャの絵が描かれているパッケージの香水があったら良いのになぁ」と思うほど、でもかわいいデザインの香水です。

鑑賞後も楽しめるグッズがたくさん!

お気に入りの作品があったらぜひ購入して観賞後も楽しんで欲しいです。

特に気になったグッズは、オリジナルのセットボックス(税込22,000円)。

A3サイズの特装版公式図録に、2人の作家の特製ブレンドのコーヒーや、ミュシャをイメージした香水、カードやしおり、ノート、チョコなどがセットになっています。

ますます人気になってきた2人の画家の作品を一度に見れるまたとない機会。

ロートレックとミュシャが好きな方はもちろん、ジャポニズムを感じながら新たな魅力を発見することができるので、ぜひ会場に足を運んでみてはいかがででしょうか。

【開催情報】

ロートレックとミュシャ パリ時代の10年
会期:2022年10月15日(土)〜2023年1月9日(月・祝)
会場:大阪中之島美術館室
時間:10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 
12月31日、2023年1月1日
※ただし1月2日、1月9日は開館
観覧料:一般 1,600円、高大生 1,300円、小中生 無料
公式ホームページ:https://nakka-art.jp/exhibition-post/lautrec-mucha-2022/

Rika

投稿者の記事一覧

小さい頃から美術館が好きで、年間100以上の展覧会へ足を運ぶ。特に好きなジャンルは琳派。日本の伝統的なもの(芸術・文化・祭り・芸能・工芸など)が好きで、全国各地の魅力を発掘中。現在、旅サイト、美容雑誌、ファッション雑誌などの公式ブロガーとして活動中。

関連記事

  1. 現在公開中!映画『THE FIRST SLAM DUNK』号泣す…
  2. オフィス街にアートが並ぶ「丸の内ストリートギャラリー」をレポート…
  3. 和巧絶佳展レポート!令和時代の精鋭若手工芸家12名が集結した、日…
  4. 今、clubhouseで起きていること。独自の展開を続けるclu…
  5. 「縄文アートライフデザイン展」開催!縄文アートに触れられる2日間…
  6. 金継ぎのススメ(カフェ6次元・ナカムラクニオさんの金継ぎ教室体験…
  7. 横須賀に本格的な穴窯が!縄文土器に魅せられ、アーティスト村で活動…
  8. 2年に1度の国際現代芸術祭!「中之条ビエンナーレ2021」でアー…

シネマ

アート

おすすめ記事

子どもたちの笑顔が咲く。新世代に繋ぐ花の世界。「いけばな出前プロジェクト」

『2027横浜国際園芸博覧会』に向けて横浜市独自の活動の一環で、この日私が訪れたのは横浜市立鴨…

ニューヨーク・コンフィデンシャル エピソード3

このコラムでは、「どうせ私なんか…」というセリフが頭に浮かんでいた日本での私が、多様性の都とい…

3,000点を超えるフィギュアに心酔!『海洋堂フィギュアミュージアム ミライザ大阪城』

皆さんは子どもの頃、「大人になって大金持ちになったらこれをするんだ……!」と心に誓った夢はあります…

リーガロイヤル京都でブランドいちごフェア「Strawberry Fair 2023 ~スイーツトリップ× 大分県ベリーツ~」開催中!

2022年の流行語に「ヌン活」がノミネートされるなど、ますます人気が高まるアフタヌーンティー。…

現在公開中!映画『THE FIRST SLAM DUNK』号泣する人続出!「20年以上待った甲斐があった…」という声も。

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」や「天才ですから」など、有名なセリフを数多く残すバスケットボー…

PAGE TOP