アート

[終了]楽活トークイベント:美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~

[楽活]のメインライターであり、人気アートブロガーの青い日記帳のTakさんが、筑摩書房から『いちばんやさしい美術鑑賞』を2018年8月6日に出版しました。[楽活]では、この出版を記念して、丸善雄松堂との共催でトークイベント『美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~』を8月29日(水)に開催します。

イベント当日は、Takさんと『いちばんやさしい美術鑑賞』の編集を担当された筑摩書房の大山悦子さんが登壇。本の内容に触れながら、西洋美術、日本美術から現代アートまでゼロからでもわかるアート鑑賞法を語り尽くします。

『いちばんやさしい美術鑑賞』著者のTakさん近影 Photo by Chiba Hidetoshi

これまで、アートや読書にあまり興味がなかった人でも、「ちょっと美術館に出掛けてみようかな?」「今まで読んだことがなかった分野の本も読んでみようかな?」というきっかけになるようなトークイベントです。紙面だけでは伝えきれなかった取材や執筆の裏話や面白エピソードが聴けるかもしれません。

参加費は無料です。ぜひお気軽にご参加ください。トークイベントの実施概要と申込み手順は、以下に記載しております。限定100席で【先着順】のご案内となりますので、ぜひお早めにお申し込み下さい。
トークイベントは、好評につき終了致しました。ご参加いただいた方、誠にありがとうございました。是非、次回の[楽活]イベントもご期待下さい。

【イベント詳細】
トークイベント:美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~
日時:2018年8月29日(水)19:00〜20:30
登壇者:
『いちばんやさしい美術鑑賞』著者「青い日記帳」Tak(中村剛士氏)
株式会社筑摩書房 編集局第一編集室 大山悦子氏
会場:DNPプラザ 2F イベントゾーン
参加者:100名(予定)
参加費:無料
アクセス:
東京メトロ市ケ谷駅(有楽町線、南北線)6番出口から徒歩1分
JR市ケ谷駅から徒歩5分
都営新宿線市ヶ谷駅1番出口から徒歩6分
住所:東京都新宿区市谷田町1丁目14-1 DNP市谷田町ビル

かるび

投稿者の記事一覧

メーカー、IT企業で勤務後、41歳にして1年間のサバティカル休暇へ突入。現在は、ブロガー&Webライターとしてアートや映画について主催ブログ「あいむあらいぶ」(http://blog.imalive7799.com/)にて日々見聞きした出来事を書き綴っています。

関連記事

  1. 100均を活用してDIYアートグッズ製作! 著作権の切れた名画で…
  2. 驚異のイラストアーティスト田村大が初画集「DT」を発売。新境地へ…
  3. いつでもどこでもアートと一緒!憧れの絵画を指先に描く「絵画ネイル…
  4. 鬼才・石岡瑛子が映画界に遺した創作性に触れる!衣装デザインを手が…
  5. 書籍やカタログ、絵はがきで振り返る「国立西洋美術館」の名品!休館…
  6. 【Takのアート入門講座】お気に入りの美術館をみつけよう
  7. 若冲の悩みと人生。新発見された作品にも出逢える。
  8. 神戸の実力派ミュージシャンによる個性豊かなカルテット「Lila&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【顔面学講座⑧】男顔・女顔   近ごろ「女顔」のほうが人気なのはなぜ?

ジェンダーフリーやジェンダーレスが叫ばれる昨今、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル・…

かわいい日本美術が集結!『国宝 鳥獣戯画と愛らしき日本の美術』が福岡市美術館で開催

京都・栂尾(とがのお)に位置する高山寺所蔵の国宝『鳥獣戯画』。ウサギやカエルなどの動物たちが擬…

この秋、KITTE丸の内が巨大な切り絵に包まれる!柴田あゆみさん初のパブリックアートが登場!

これまで楽活で強力にプッシュしてきた切り絵アーティスト・柴田あゆみさんの待望の新作が、9月17日か…

「縄文アートライフデザイン展」開催!縄文アートに触れられる2日間を楽しもう!

1877年9月16日、アメリカ人の動物学者であるエドワード・S・モースが、東京の品川区・大田区…

TAHITI FESATA 2022 MUSASHIKOSUGI 開催!本場のタヒチを体感しよう!

南太平洋最後の楽園タヒチをコンセプトにした国内最大級のオンリータヒチイベント「Tahiti Fes…

PAGE TOP