アート

[終了]楽活トークイベント:美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~

[楽活]のメインライターであり、人気アートブロガーの青い日記帳のTakさんが、筑摩書房から『いちばんやさしい美術鑑賞』を2018年8月6日に出版しました。[楽活]では、この出版を記念して、丸善雄松堂との共催でトークイベント『美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~』を8月29日(水)に開催します。

イベント当日は、Takさんと『いちばんやさしい美術鑑賞』の編集を担当された筑摩書房の大山悦子さんが登壇。本の内容に触れながら、西洋美術、日本美術から現代アートまでゼロからでもわかるアート鑑賞法を語り尽くします。

『いちばんやさしい美術鑑賞』著者のTakさん近影 Photo by Chiba Hidetoshi

これまで、アートや読書にあまり興味がなかった人でも、「ちょっと美術館に出掛けてみようかな?」「今まで読んだことがなかった分野の本も読んでみようかな?」というきっかけになるようなトークイベントです。紙面だけでは伝えきれなかった取材や執筆の裏話や面白エピソードが聴けるかもしれません。

参加費は無料です。ぜひお気軽にご参加ください。トークイベントの実施概要と申込み手順は、以下に記載しております。限定100席で【先着順】のご案内となりますので、ぜひお早めにお申し込み下さい。
トークイベントは、好評につき終了致しました。ご参加いただいた方、誠にありがとうございました。是非、次回の[楽活]イベントもご期待下さい。

【イベント詳細】
トークイベント:美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~
日時:2018年8月29日(水)19:00〜20:30
登壇者:
『いちばんやさしい美術鑑賞』著者「青い日記帳」Tak(中村剛士氏)
株式会社筑摩書房 編集局第一編集室 大山悦子氏
会場:DNPプラザ 2F イベントゾーン
参加者:100名(予定)
参加費:無料
アクセス:
東京メトロ市ケ谷駅(有楽町線、南北線)6番出口から徒歩1分
JR市ケ谷駅から徒歩5分
都営新宿線市ヶ谷駅1番出口から徒歩6分
住所:東京都新宿区市谷田町1丁目14-1 DNP市谷田町ビル

かるび

かるび

投稿者の記事一覧

メーカー、IT企業で勤務後、41歳にして1年間のサバティカル休暇へ突入。現在は、ブロガー&Webライターとしてアートや映画について主催ブログ「あいむあらいぶ」(http://blog.imalive7799.com/)にて日々見聞きした出来事を書き綴っています。

関連記事

  1. 【てつとび】鉄旅編:快適![快速リゾートやまどり]で行く、高原の…
  2. 【ひかるの正方形レポート】元祖KAWAIIの世界へ。『大正モダー…
  3. 【オトナのためのエンタメ講座】アメコミ映画『アベンジャーズ』はな…
  4. アムステルダム国立美術館で必見のレンブラントとフェルメール!
  5. 『あなたが選ぶ展覧会2017』中間発表。エントリー結果速報!
  6. 「シャルル=フランソワ・ドービニー展」
  7. 霧と光で涼を楽しむ。WOWが手がけるデジタルアート庭園
  8. 【趣味れーしょん美術館】#006 二度見する、揺れる絵画『ゆらぎ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

渋谷のバー「Six Sense」が新たな現代アートの発信基地に?!第1回はロシアのアーティストEvgeny Ches氏が登場!

最近、公園や映画館、レストランなど美術館以外でも様々な場所でカジュアルに現代アートを楽しめる場所が…

【青森】十和田市現代美術館の現代アートが楽しすぎる!りんごカレーも美味!

楽活をご覧の皆さん、こんにちは!東京のアートだけでは満足できなくなった、美術ブロガーの明菜です。…

芸術の街「ウィーン」でクリムトの作品をたっぷり堪能してきた!

少し前になりますが、ウィーンに行ってきました。みなさんは、ウィーンといえば何を思い浮かべますか?…

【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』

《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵ラウル・デュフィという画家をご存…

令和初の新銘柄が登場!福井発「いちほまれ」が食欲の秋に発売開始!

みなさん、お米は大好きですか?どうも近年、「炭水化物ダイエット」の流行の影響で、敬遠される向きはあ…

PAGE TOP