地域・ローカル特集

ウミネコのフンで運気アップ!?八戸のパワースポット蕪嶋神社を徹底紹介!

青森県八戸市には、蕪嶋神社というパワースポットがあります。

蕪嶋神社=カブシマジンジャと読むことから、株価や人望の株があがる、金運がアップするなどといわれ、多くの参拝者が訪れている人気のスポットです。

そんなパワースポットのご利益にあやかるべく、今回筆者は蕪嶋神社を訪れることに。実際に訪れてわかった、蕪島の背景や参拝方法、ちょっと変わったご利益などをご紹介していきます。

蕪嶋神社の本尊は、商売繁盛や漁業安全の守り神「弁財天」

境内にある弁財天像

青森県八戸市鮫町にある陸続きの小さな島、蕪島。

その頂上に建つ神社が蕪嶋神社(かぶしまじんじゃ)です。

商売繁盛や漁業安全の守り神として信仰される、弁財天が祀られ、昔から地元の商売人や漁師達が多く訪れる場所でした。

現在ではパワースポットとしても人気で、近隣はもちろん、県外からもたくさんの人が訪れる観光名所になっています。

国の天然記念物に指定されている蕪島

砂浜から見る蕪島

蕪島は国内でも数少ないウミネコの繁殖地として、国の天然記念物に指定されています。

ウミネコは漁場を教えてくれる弁財天の使いと言い伝えられ、100年以上前から現在まで、地元の方々に大切に守られてきました。

4月上旬の蕪島は、既にウミネコでいっぱい

産卵のために飛来し始める3月から、子育てを終えて飛び去る8月まで、蕪島周辺で過ごすウミネコの数は、約4万羽にものぼるのだとか。

シーズン中は島の周辺ならどこでもウミネコに出会えます。特に6月の孵化シーズン中は、可愛いヒナも至近距離で見られるなど、国内でも希少なスポットです。

蕪嶋神社へのアクセスは、車や種差海岸遊覧バスがおすすめ

蕪島無料駐車場 にある観光地案内板

市街地から少し離れたところに位置し、最寄りのJR鮫駅からも徒歩で15分ほどかかるため、訪れる際には車でのアクセスや、JR鮫駅から発車している種差海岸(たねさしかいがん)遊覧バスの利用がおすすめです。

蕪島をはじめ、葦毛崎展望台や種差海岸など、海岸沿いの観光地を経由するので、散策を楽しみつついくつかのスポットを巡りたい場合に便利です。

いざ蕪嶋神社へ

「うみねこに注意!」と書かれた標識

今回筆者は車で来たので、蕪島近くにある無料駐車場を利用。駐車場からは歩いて向かいました。ゆっくり歩いて約5分。蕪島に到着です。

赤・青・緑のコントラストが美しい

蕪島と蕪嶋神社

青い空と緑の島に赤い鳥居が映えます。菜の花の咲く5月中旬には、ここに黄色も加わり更に色鮮やかな景色を堪能できます。

ウミネコのフンよけに役立つ、無料の貸出し傘

繁殖シーズンは、空から沢山のウミネコのフンが降り注ぐため、洋服が汚れる可能性があります。そこで鳥居をくぐる手前で、ウミネコのフンから身をまもるための傘が、無料で貸し出しされていました。

92段ある参道階段

この階段を登りきったところに、社殿があります。

頂上から見渡す絶景

登りきって振り返ると、海と八戸の町並みや入り江が見えました。天気がいいので、気分が上がります。

2020年に完成した新社殿

そして正面に現れたのが蕪嶋神社社殿です。

社殿正面

建築資材は、青森県産のものを多く使用しているのだとか。木彫りの社殿彫刻が素敵でした。

境内には色々な種類の像が並ぶ

カブの石像

階段を登りきった直後に現れた、ちょっとポップなカブの石像です。

カブの銅像

見渡すと拝殿横にもう一つ立派なカブが現れました。筆者の株もあがりますようにと願いつつ、記念にパチリ。

イルカの像もあります

この他にも、境内にはいろいろな種類の像が点在していました。

ただ参拝するだけじゃない!これをするとさらに運気上昇

参道階段を登り切ると直ぐ右側に現れる「運開きめぐり」の説明板

蕪嶋神社では、本殿(島)の周囲を3周回ってから参拝することで、さらに運が開けるという「運開きめぐり」という参拝方法があります。

そこで、筆者も早速回ってみることにしました。

ウミネコの多い時期に行くと、この道もウミネコでいっぱいになり、歩くのに一苦労するようですが、今回はウミネコが海に飛びだった後だったのですいすい歩けました。

運開きめぐり開始。ここでも早速現れる石像

通路が整備されているのでとても歩きやすいです。景色もきれいで癒されます。

七福の岩。縁起がよさそう
本殿裏側

裏側も立派な本殿を見上げつつ、どんどん先へと進みます。

島の裏側の岩場と海

眼下に見えるこの岩場も、全盛期にはウミネコでいっぱいに。

景色を楽しみつつ進みます。

周囲800mのとても小さい島なので、3周するのも苦ではありませんでした。無理せずに小さな達成感を感じられるのも運開きめぐりの良いところですね。

ウミネコのフンで運気上昇も!

近づいても逃げずに写真を撮らせてくれるウミネコ

さらに参拝中にウミネコのフン(運)がついた人は、運気が上昇すると言われています。

ウミネコのフンが付いた状態で社務所にいけば会運証明書(かいうんしょうめいしょ)も発行されるそう。

あちらこちらに、フン(運)が落ちていましたが、残念なことに(?)筆者にはフン(運)がつきませんでした。次回こそは!

蕪嶋神社にきたらぜひ立ち寄ってほしいスポット

せっかくなので、蕪嶋神社周辺のみどころも合わせて紹介します。

ポケモンのキャラクターが楽しいマンホール「ポケフタ」

蕪島にしかないデザインのポケフタ

三陸復興で蕪嶋神社付近の歩道に設置された「ポケフタ」です。キャモメとイシブテがデザインされています。

蕪島海水浴場

シーズン中は湖水浴客で賑わう海水浴場

蕪嶋神社に隣接する海水浴場。夏になると多くの海水浴客で溢れる人気のスポットです。

物産販売施設「かぶーにゃ」

低価格なのが嬉しいお食事メニュー

無料駐車場敷地内に建つ、物産販売施設「かぶーにゃ」では、お菓子や缶詰、お土産、地元の野菜などが販売されています。

イカこんにゃく150円

筆者が「かぶーにゃ」でおすすめしたいのは、「イカこんにゃく」です。するめ出汁がシミシミでとっても美味しいです。大きめなので、これひとつで結構な満足感が得られました。

小腹がすいたときにでも、ぜひ食べて欲しい一品です。

パワースポット蕪嶋神社で運(フン)を楽しもう!

空からふってくる、スリリングなたくさんの運(フン)は蕪島ならではのアクティビティではないでしょうか。みなさんもぜひ訪れて体験してみて下さいね。

ウミネコの鳴き声を聞きながら、海を眺めて参拝すれば、なんだかパワーがみなぎってくるような気になりますよ。

ゆうなぎ

投稿者の記事一覧

青森でほのぼの暮らす一児の母。
田舎暮らしを活かした情報や、子供とのこと、趣味のキャンプ情報をお伝えします。
初めの半歩のお手伝いができれば幸いです。
インスタでは「イラスト」と「娘との遊びの記録」を発信中。
イラスト
https://www.instagram.com/hanasan0211/
遊びの記録
https://www.instagram.com/inase806/

関連記事

  1. 【鎌倉DESSE】やっぱりパン屋が好き!北鎌倉の住宅地にある屈指…
  2. 【速報】1/6からいよいよ開幕!内覧会レポート(分離派建築会10…
  3. 【Webで旅気分】ドイツの古都、ドレスデンは「エルベ川の真珠」と…
  4. 京都市京セラ美術館のカフェ「ENFUSE」を堪能してきました!
  5. 群馬近郊の早春の花の名所を一挙紹介!可憐な花を愛で、春を見つけに…
  6. 蔵前のインクスタンド「inkstand by kakimori」…
  7. 注目の国際芸術祭「ドクメンタ15」の開催見通しは?盛り上がる現地…
  8. 【Webで旅気分】花の都フィレンツェはルネッサンス時代の建物が並…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

京都でしか見られない日本初公開作品100点を含む約200点が来日!アンディ・ウォーホル「アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」展

ポップ・アートの旗手としてアメリカの大量消費社会の光と影を描いたアンディ・ウォーホル。…

【顔面学講座⑧】男顔・女顔   近ごろ「女顔」のほうが人気なのはなぜ?

ジェンダーフリーやジェンダーレスが叫ばれる昨今、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル・…

かわいい日本美術が集結!『国宝 鳥獣戯画と愛らしき日本の美術』が福岡市美術館で開催

京都・栂尾(とがのお)に位置する高山寺所蔵の国宝『鳥獣戯画』。ウサギやカエルなどの動物たちが擬…

この秋、KITTE丸の内が巨大な切り絵に包まれる!柴田あゆみさん初のパブリックアートが登場!

これまで楽活で強力にプッシュしてきた切り絵アーティスト・柴田あゆみさんの待望の新作が、9月17日か…

「縄文アートライフデザイン展」開催!縄文アートに触れられる2日間を楽しもう!

1877年9月16日、アメリカ人の動物学者であるエドワード・S・モースが、東京の品川区・大田区…

PAGE TOP