京都特集

京都で桜の穴場スポット発見!『渉成園』でのんびりお花見してきた

桜の樹の下には屍体が埋まっている!

と、桜の話をするときには梶井基次郎『桜の樹の下には』を引用しなければ気が済まない、美術ブロガーの明菜です。梶井も京都の桜を見ていたのかな。

凍てつく寒さの冬が明けて暖かくなると、桜がわあっと咲きはじめ、京都の街中にも活気が満ちてきました。

京都には、桜を楽しめるスポットがいくつもあります。今回、私が訪れたのは『渉成園(しょうせいえん)』です。京都駅から徒歩約10分と好アクセス。

渉成園は、東本願寺の飛地境内地(別邸)です。約1万600坪と敷地は広く、大小2つの池を備えた庭園や、茶室などの歴史ある建築物を見て楽しむことができる国の名勝です。桜も密集して植えられており、春の始めは幸せな彩りに満たされています。

庭園維持寄付金として500円を納めて渉成園ガイドブックをいただき、庭園を散歩してきました。平日の昼間に訪れたためか特に混雑はなく、鴨も池の上で眠るほどの陽気をのんびり楽しむことができました。のどかなことこの上ない。

遠くから桜を見たり近づいたりを繰り返すうちに、おもしろいことに気がつきました。遠目から見ている間は薄いピンク色なのに、近づくと急に黒い幹が存在感を主張してきます。「花だと思った? 幹でしたー」と黒い肌とゴツゴツした節を見せつけてくるのです。

儚いものとして見ていた桜が、「実はお前より長く生きてるんだぜ」と強さを見せてきた感じがする、といいますか。あんまり要領良くないな、と思っていた友人が、回文だけ異常に得意だったのを知ったときみたいな。

何を言っているのかわからないと思いますが、私にもわかりません。

渉成園は基本的には有料ですし、お寺の庭園であり公園ではないからか、ワイワイ楽しむ大人数グループはいませんでした。

三脚を使ってカチコチの表情で自撮りをする初老の男性や、ぬいぐるみと共に桜を写真に収める壮年期の女性など、皆それぞれに桜を堪能しており最高でした。(桜を見に行ったのに人を見ている)

コロナ禍でワイワイできないというのもありますが、お花見の楽しみ方も多様化しているのだな、と感じました。

有名な桜の名所は多々ありますが、渉成園はまだあまり知られていないのでは。京都駅から近い穴場スポットでした。

【関連情報】渉成園について

所在地:〒600-8505 京都市下京区烏丸通七条上る
アクセス:JR京都駅より徒歩7分/地下鉄・五条駅より徒歩5分/市バス烏丸七条バス停より徒歩1分
開門・閉門時間:3月~10月 5:50~17:30/11月~2月 6:20~16:30
渉成園 公式ウェブサイト
https://www.higashihonganji.or.jp/about/guide/shoseien/

明菜

投稿者の記事一覧

美術ブロガー/ライター。美術ブログ「アートの定理」をはじめ、各種メディアで美術館めぐりの楽しさを発信。西洋美術、日本美術、現代アート、建築、装飾、ファッションなど、扱うジャンルは多岐にわたる。人間より猫やスズメに好かれる体質のため、可愛い動物の写真や動画もSNSで発信している。

関連記事

  1. 【群馬と新潟のイチオシ紫陽花鑑賞スポット】梅雨の風物詩アジサイの…
  2. 【速報】1/6からいよいよ開幕!内覧会レポート(分離派建築会10…
  3. 趣味のレベルを越えている?!床屋に建つおじいさんの手作りガンダム…
  4. 夏は激辛ラーメン!群馬名物「雷ラーメン」の名店5選!辛さと旨さの…
  5. 金沢といえば兼六園とレトロ建築!おすすめの観光・お散歩コースを紹…
  6. 「ドイツ人はビールを常温で飲むって本当?」ドイツ在住者が日独のビ…
  7. 塩麹と醤油麹の失敗しない作り方!鶏肉や豚肉を使ったレシピによる食…
  8. 日本橋浜町『nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO』…

シネマ

アート

おすすめ記事

ニューヨーク・コンフィデンシャル エピソード3

このコラムでは、「どうせ私なんか…」というセリフが頭に浮かんでいた日本での私が、多様性の都とい…

3,000点を超えるフィギュアに心酔!『海洋堂フィギュアミュージアム ミライザ大阪城』

皆さんは子どもの頃、「大人になって大金持ちになったらこれをするんだ……!」と心に誓った夢はあります…

リーガロイヤル京都でブランドいちごフェア「Strawberry Fair 2023 ~スイーツトリップ× 大分県ベリーツ~」開催中!

2022年の流行語に「ヌン活」がノミネートされるなど、ますます人気が高まるアフタヌーンティー。…

現在公開中!映画『THE FIRST SLAM DUNK』号泣する人続出!「20年以上待った甲斐があった…」という声も。

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」や「天才ですから」など、有名なセリフを数多く残すバスケットボー…

【展覧会レビュー】「浮世絵と中国」は浮世絵に描かれた意外な中国文化を楽しめる好展示!(太田記念美術館)

浮世絵を専門とする美術館は数多くありますが、ここ数年、ユニークな切り口の企画展でアートファンを楽し…

PAGE TOP