アート

【イベントレポート】美術を観る楽しさを知る!トークイベント『美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~』

楽しくて、わかりやすくて、1時間半のトークがあっという間でした!楽活のメインライターであり、人気アートブロガー青い日記帳 Takさんのトークイベント『美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~』に参加してきました。

『美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~』トークイベント会場風景。女性のお客さんが多かった印象。

100席が満席となった大盛況のイベントでした。

8月29日に行われたこのトークショーは、美術鑑賞の入門書 ちくま新書『いちばんやさしい美術鑑賞』の出版を記念して楽活と丸善雄松堂で共催したイベントです。当日の参加費は無料だったこともあり、約100席はイベント告知後わずか数日で満席締切に。「美術鑑賞」に対する注目やTakさんへの期待度を計り知ることができます。

ちくま新書『いちばんやさしい美術鑑賞』(青い日記帳 著)既に重版もかかった人気の「美術鑑賞術入門書」です。http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480071521/

著者の「青い日記帳」Takさん(@taktwi)(中村剛士氏)とこの本の編集者である筑摩書房 大山悦子さんのお二人に加え、「楽活」からはファシリテーターとしてかるび氏(@karub_imalive)が参加したこのトークイベント。『いちばんやさしい美術鑑賞』出版にまつわる面白い裏話、目からウロコ!的な美術鑑賞術について様々なお話を聞くことができました。どの様な内容だったか、その一部をご紹介したいと思います。

出版のきっかけ

同じちくま新書から出版されている『美術館の舞台裏』(高橋明也 著)の重版祝いの会がきっかけだったとのこと。呼ばれた打ち上げの席で『美術館の舞台裏』の編集者だった大山さんから本を書かないか?と問いかけられたTakさん。はじめは酒の席の冗談だと思っていたようですが、しばらくして編集者 大山さんから届いたメールでそれが本気だったことを知りました。しかし仕事を引き受けたのは良いものの、まさか完成までに2年もかかるとは思ってもいなかったようです。

三菱一号館美術館の館長である高橋明也氏の書いたこの本がきっかけに。 『美術館の舞台裏』(高橋明也 著)http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480068613/

Takさんが第1章を試しに書いてみて、それを元に企画書を通して出版が決定。それから、どの様な構成にするか、どの様な作家や作品を選ぶかなどを話し合っていったそうです。「本を読んだ後にすぐに作品を見に行けるようなものにしたい。日本の美術館にある作品を本で取り上げたい。」というのはTakさんの発案でした。実際に発売後にこの本を持って美術館に行った人もいるようです。

執筆と編集のやりとり

書く作家や作品を決めたらまずはマンダラート(マンダラチャート)で内容を整理。このチャートが比較的すぐ埋まるものと埋まらないものがあったとか。チャートが埋まらず諦めたテーマとしては、浮世絵や現代美術の写真作品などがあったようです。ちょっと読んでみたい気もしますね……。

マンダラート(マンダラチャート)を使った整理法。実際にTakさんが使ったマンダラート(マンダラチャート)。

Takさんが書いた原稿に対して、編集者の大山さんが内容をまとめたり、入れ換えたり、削ったりする提案をしていきます。ついつい説明的な内容を書きすぎて「やさしくない説明文」的なものも出てきてしまったとのこと。時代背景を書きすぎたり、論じてしまったり。大山さんは常に、「専門家の書く様な内容は要らない。アートブロガーの書く一般の目線が欲しい。」との要望を軸として編集作業を重ねていったそうです。

赤入れ原稿を背景に話すTakさん。スクリーンに映っているのはTakさんと編集者 大山さんの実際のやり取り。

ただし、大山さんが「この内容は、なくても良くないですか?」と指摘したものの、Takさんが最後まで譲らず、削除しなかったところも幾つかあるようです。その一つが、第若冲のところにあるわらしべ長者物語的なお話は名画を楽しむためのエピソードとして必須だったとのこと。また、他にもどうしてもそこを残したくて、他を削ったところもあります。それがどこかは……、是非、本を読んでみてご想像ください。ほんとにファンの心理ってものは(笑)!

鑑賞術のポイント

さてトークもいよいよ中盤に入ると、本に書かれた内容を元に、具体的な鑑賞術に触れていきます。例えば、少し聞き慣れないかもしれない、「カラーバス効果」と言う言葉。一つの色を意識することによって、そこに関する情報が自分に入ってくるという心理学用語です。Takさんはこれを絵画鑑賞に取り込みました。絵画や工芸作品と向き合う時、一つの「色」に着目することによって、より新しい発見があるのだと言います。

また、絵画の中に描かれた「手」に注目すると良いとのアドバイスも。古今東西、様々な巨匠たちは、絵画の中で人体を描く時、特に「手」のしぐさに意味を持たせることが多かったそうです。だからこそ、作家の技術や個性が手の描写にハッキリ出ているのだとか。また、中には手をあまり重視せずに描いている画家もいたりと「手」一つ見ても表現は様々です。

トークをする著者 Takさんと編集者 大山さん。終始、和やかな雰囲気でトークは進んでいきました。

現代アートについての話もとても面白かったです。同時代を生きる作家を応援するということのよろこび。ギャラリーなどの展示で作った本人から直接話を聞くことが出来るというよろこび。知らない作家、まだ評価の定まっていない作家だからこそ知識などが邪魔をせず、自分の好き嫌いで評価できるということも。

本のタイトル~最後に

本のタイトルについても色々と悩まれたそうです。実は入稿時の仮タイトルは『美術鑑賞虎の巻』(笑)。虎の巻って……このままではいけない、と思ったTakさんは仲間と相談して色々なタイトル候補を挙げました。

候補として出たタイトル案。ここにあるタイトル案の半分近くを考えたかるび氏(笑)

これが、会議の俎上に上がったすべてのタイトル案。まさに、大山さんが「タイトル案1000本ノック!」と言うだけあって、様々な案が提出されました。これらを投げかけられた筑摩書房が最終的に決めた案が『いちばんやさしい美術鑑賞』だったのです。まさに本の内容にぴったりのタイトルに決まりましたね。新書の場合はなるべくタイトルを短くするのが好まれるので、「一番」でなく「いちばん」とわざわざ平仮名表記にしてあるのはとても珍しいそうです。

本にサインをするTakさん。イベント終了後、一人一人と会話しながら本にサインをするTakさん。

美術の見方は様々。この本に書いてあるのはそのヒントであって、そこから自分の鑑賞法を見つけて欲しい、そして美術を見ることを少しでも楽しんで欲しいとのこと。この本が展覧会を楽しむ、あと半歩踏み出すきっかけになれば、とTakさんは言います。

これから美術の秋・読書の秋。このレポートでもトーク内容の半分位しかお伝えできていませんが、美術鑑賞ってなんか楽しそうだなと思った方がいらっしゃいましたら、イベントや展覧会へ出かけたり、本を読んだりと様々なかたちで美術へ接してみてはいかがでしょうか?

【イベント概要】

<丸善雄松堂 知と学びのコミュニティ>
『美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~』

https://rakukatsu.jp/maruzen-event-20180806/
開催日時:2018年8月29日(水) 19:00-20:30
会場:DNPプラザ(市ヶ谷)セミナー会場

KIN

KIN

投稿者の記事一覧

アート展感想中心のブログ「今日の献立ev.」の中の人(注:決して料理ブログではありません)。音楽、映画、現代アート、建築、デザイン関連、後は江戸時代周辺の日本美術などが好みです。美術館や建築、デザインを見歩きに街中に出て、そのままお酒や美味しいものを嗜み……ついでに……少々……。主に都内、中央線沿線に出没しています。

関連記事

  1. 麗子ちゃんだけじゃない!『没後90年記念 岸田劉生展』で理解する…
  2. 【趣味れーしょん美術館】#001:横山大観展は極端アートがぞろぞ…
  3. この秋、日本美術史上の事件が。ナビゲータの石原さとみさんも “フ…
  4. 【セミナーレポート】夢の西洋美術史500年/第1回:中世編
  5. 遠征必至!西洋美術最大の巨匠「カラヴァッジョ」が札幌にやってきた…
  6. 【趣味れーしょん美術館】#006 二度見する、揺れる絵画『ゆらぎ…
  7. ミュージアムはお花見の穴場!? 美術館・博物館のお花見イベント3…
  8. 【てつとび】美術館編:快適![快速リゾートやまどり]で行く、高原…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

芸術の街「ウィーン」でクリムトの作品をたっぷり堪能してきた!

少し前になりますが、ウィーンに行ってきました。みなさんは、ウィーンといえば何を思い浮かべますか?…

【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』

《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵ラウル・デュフィという画家をご存…

令和初の新銘柄が登場!福井発「いちほまれ」が食欲の秋に発売開始!

みなさん、お米は大好きですか?どうも近年、「炭水化物ダイエット」の流行の影響で、敬遠される向きはあ…

【茶の湯ファン必見】桃山時代の侘茶を体感!2019年秋、東京で開催中の2つの茶陶展を見逃すな!【展覧会レポート】

2019年は茶の湯で使われた陶磁器の展覧会が大人気。特にこの秋、東京で開催中の三井記念美術館「高麗…

京都・嵐山に高級リゾートホテル「MUNI KYOTO」が2020年6月にオープン!

2020年6月、京都で最も人気のある観光地の一つである嵯峨嵐山で、渡月橋を眼前に臨む最高のロケーシ…

PAGE TOP