1. 新着

葉っぱ切り絵アーティスト・リトによる没入型展覧会が横浜赤レンガ倉庫で開催中!

横浜在住、1枚の葉っぱから切り絵を制作する“葉っぱ切り絵”アーティストのリトさん。

これまで、東急ハンズ横浜店をはじめとし、横浜そごう美術館、ガーデンネックレス横浜など、横浜に所縁あるスポットでの展示やイベントに参加してきました。

そんなリトの新たな個展が開催されるのは、なんと12月6日(火)にリニューアルオープンしたばかりの横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペースです。

リトさんが生み出す心温まる作品が、どのように会場展示されているのか、その様子や見どころをお届けします。

作品が織り成す優しい物語へと没入体験できる本展覧会

本展では「五感を通じて作品を体感する」をテーマにしています。

会場は全5章でまとめられており、人気作品や24点もの初公開作品の展示に加えて、インスタレーションやアニメーション映像を用いた空間演出も見どころです。

それぞれのセクションから四季が感じられるような工夫だけでなく、小道具が用いられていることにより、より一層作品が織り成す優しい物語へと没入できます。

インスタレーションやアニメーションを用いた空間演出

第3章「森のなかまたち」では、葉っぱ切り絵の作品や下書きとともに、小道具や作品から飛び出した動物たちを模したパネルをあわせて展示するインスタレーション

展示室中央にある小池を覗き込んでみると小石や水草だけでなく、そこにも葉っぱ切り絵の作品と優しく添えられる言葉が展開されています。小さな子どもだけでなく、大人も楽しめる工夫もあり、思わず夢中になることでしょう。

また、第4章「森のパーティーにご招待」では、動物たちがオーロラの夜空の下で浮かびあがり、ゆっくりと動くアニメーションがご覧になれます。

展示室中央にクリスマスツリーがあり、ツリーを囲むように木のイスがあるので、イスに座りながら展示壁を眺めていると、額やパネルでの展示では感じることができない、心温まるヒーリング体験ができることでしょう。

過去と現在のリトさんに触れられるセクションも!

第5章「葉っぱ切り絵ができるまで」では、過去と現在のリトさんに触れられます。

リトさんはADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断されたことから、その特性である人一倍ある集中力を強みに変え、アートのジャンルで葉っぱ切り絵を生み出しました。

過去には葉っぱ切り絵に出会うまでさまざまな作品を生み出しており、ボールペンイラストからスクラッチアート、紙粘土作品などが展示されています。

また、自身のアトリエを緻密に再現した展示をはじめとし、ドライリーフの作り方を紹介するコーナー、母・ゆきえさんが葉っぱ切り絵に刺繍を施したコラボ作品、そしてリトさんのインタビュー動画がご覧になれますよ。

リトさんの優しい物語をお家でも…

リトさんによる優しい物語をつむぐ本展覧会では、最後にその作品世界を楽しめるグッズが展開されています。

ハガキ、クリアファイル、マスキングテープなどのステーショナリーグッズのほかにも、トートバックやハンカチなどのファッション小物、物語に多く登場するうさぎやかえるのぬいぐるみなど、ぜひリトさんの優しい物語をお家でも持ち帰ってみてはいかがでしょうか。

また、ミュージアムショップでは感想ノートもあるので、ぜひ展覧会を鑑賞した感想や本人へのメッセージも書くことができますよ。

本展覧会は、横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペースにて2023年1月15日(日)まで開催中ですので、夜景やクリスマスイルミネーションとともに、心温まる作品世界を楽しみに足を運んでみてください。

【情報】

リト@葉っぱ切り絵 優しい森の仲間たち展 in YOKOHAMA
会期:2022年12月17日(土)~2023年1月15日(日)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース
時間:2022年12月17日(土)~12月25日(日)10:30~20:00(最終入場19:30)
   2022年12月26日(月)~2023年1月15日(日)10:30~18:00(最終入場17:30)
ホームページ:https://akarenga.yafjp.org/

新 麻記子

投稿者の記事一覧

アート・カルチャーの架け橋になりたい。やれることならなんでもやるフリーランス。

日々の暮らしを豊かにしてくれるアート・カルチャー系記事の執筆業以外に…#日本酒がある暮らしをコンセプトにしたメディア&コミュニティ『酒小町』の編集長をつとめるほか、作詞家、仲介・紹介業、対話型鑑賞会のナビゲーター、アート・映像ディレクターとして活動中。

Instagram:@shin_makiko

関連記事

  1. 【速報】ドイツ・ケルン「ルートヴィヒ美術館展」が2022年に東京…
  2. 身を清めてから作る?!京都の伝統和菓子・亀屋清永「清浄歓喜団」に…
  3. 蓼科の山奥で楽しむ「天空のライブ」!人里離れた隠れ家リゾートで一…
  4. 【趣味れーしょん美術館】#006 美術館激戦区、箱根へ行こう!:…
  5. 誰も知っている作品がいっぱい!「至上の印象派展 ビュールレ・コレ…
  6. 【イベントレポート】美術を観る楽しさを知る!トークイベント『美術…
  7. 箱根ラリック美術館は、五感でラリックのドラマチックな世界を楽しめ…
  8. ウミネコのフンで運気アップ!?八戸のパワースポット蕪嶋神社を徹底…

シネマ

アート

おすすめ記事

子どもたちの笑顔が咲く。新世代に繋ぐ花の世界。「いけばな出前プロジェクト」

『2027横浜国際園芸博覧会』に向けて横浜市独自の活動の一環で、この日私が訪れたのは横浜市立鴨…

ニューヨーク・コンフィデンシャル エピソード3

このコラムでは、「どうせ私なんか…」というセリフが頭に浮かんでいた日本での私が、多様性の都とい…

3,000点を超えるフィギュアに心酔!『海洋堂フィギュアミュージアム ミライザ大阪城』

皆さんは子どもの頃、「大人になって大金持ちになったらこれをするんだ……!」と心に誓った夢はあります…

リーガロイヤル京都でブランドいちごフェア「Strawberry Fair 2023 ~スイーツトリップ× 大分県ベリーツ~」開催中!

2022年の流行語に「ヌン活」がノミネートされるなど、ますます人気が高まるアフタヌーンティー。…

現在公開中!映画『THE FIRST SLAM DUNK』号泣する人続出!「20年以上待った甲斐があった…」という声も。

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」や「天才ですから」など、有名なセリフを数多く残すバスケットボー…

PAGE TOP