アート

ポーラ美術館の定番メニュー「シーフードカレー」でカレーカルボナーラを作ってみた!

ポーラ美術館内に併設されたレストラン アレイの名物料理のひとつである『オリジナルシーフードカレー』

2022年4月23日(土)よりミュージアムショップ・公式オンラインショップにて、オリジナルシーフードカレーのレトルトカレー(価格:¥870(税込))が販売開始となりました。

今回、公式YouTubeチャンネルで配信中であるアレンジレシピより、レトルトカレーを使用したシェフ直伝のカルボナーラのレシピを、さらに具材などを増してアレンジを加えたものをご紹介したいと思います。

シェフ直伝!オリジナルシーフードカレーアレンジレシピ動画

今回、公式YouTubeチャンネルにて紹介している vol.1 では、レトルトカレーを使用したシェフ直伝のカレーカルボナーラのレシピをご紹介しています。

カルボナーラ…上手く混ざらなかったり、スクランブルエッグになってしまったり、火加減などの調節が難しく、敷居が高く感じてしまうことでも有名ですよね。

そんなレトルトカレーを使用したカルボナーラのレシピを、アレイの中曽シェフと広報担当の稲見さんがポイントを踏まえながら、約6分間の動画で分かりやすく作り方を伝えてくれています。

食いしん坊さんのための具材増しカレーカルボナーラ

今回、どうせ作るならと何かアレンジを加えたい…カルボナーラを思い描きながら、尚且つカレーにも相性がいい…そんな具材を加えることにしました!

材料

材料:カレーカルボナーラ(2人分)

スパゲッティ…200g
熱湯(ゆで用)…1000ml
塩(ゆで用)…小さじ2

ソース
ベーコン…40g
玉ねぎ…半玉        
シーフードカレー…1/2パック
牛乳…150ml 
卵黄…1個分
粉チーズ…30g        
オリーブオイル…大さじ1

トッピング(お好みで)
パセリのみじん切り…適量
黒こしょう…適量

麺を茹でる

鍋にお湯を沸騰させ、塩とスパゲティを加え、パッケージの表記通りに茹でます。

具材を切る

玉ねぎは半玉分を使用し、5mmほどにスライス。
ベーコンも1cm幅に切ります。

具材を炒める

中火のフライパンにオリーブオイルを入れて温まったら、ベーコンを入れて焼き色がつくまで炒める。
さらに玉ねぎを投入して、しんなりするまで炒めていく。

ソースを作る

具材が全体的にしんなりしたら、そこに茹で汁を大さじ2杯ほど加える(ポイント!)
軽く混ぜ合わせて乳化させたら、カレーレトルトと牛乳を入れて、少しぐつぐつ煮立たせてから火を切る。

素早く麺とソースを絡める

茹で上がって湯切りした麺を素早くソースと絡める。
絡めたら粉チーズを入れてまぜ、さらに卵黄を入れてまぜる(スピード勝負!)
最後に、お好みでトッピングをして出来上がり!

最後に…

エビやイカを包み込むココナッツミルクの優しい味わいが楽しめる、アレイ秘伝のレシピで作られたコクとまろやかさが自慢のカレー。カレーとして食べてみるのももちろんですが、ひと手間も、ふた手間もかけ、さらに美味しいカレーカルボナーラにしてみてはいかがでしょうか?

動画では調理ポイントも踏まえながら、分かりやすく紹介していただいているので、登竜門的存在と言えるカルボナーラが、とても簡単に作ることができて感動しました!(しかも、カレーが美味しいので味の失敗がなく作れるのも大きなポイントです)

筆者のアレンジでは玉ねぎを使用しましたが…ほうれん草やブロッコリーなど具材を変えても美味しいかもしれません。ぜひ、あなただけのアレンジを加えて楽しんでみてくださいね!

【商品情報】ポーラ美術館オリジナル シーフードカレー

ポーラ美術館オリジナル シーフードカレー 
1袋 1人前 内容量 200g
価格 : 870円(税込)
公式オンラインショップ:https://shop.polamuseum.or.jp/shopdetail/000000000200

【店舗情報】ポーラ美術館 レストラン アレイ

窓の外に箱根の緑が広がるレストラン アレイ。ぜひ本物を食べに現地にも足を運んでみてくださいね♪

ポーラ美術館 レストラン アレイ
営業時間 11:00 ‒ 16:00(ラストオーダー)
公式ウェブサイト:https://www.polamuseum.or.jp/shop/restaurant/

新 麻記子

投稿者の記事一覧

アート・カルチャーの架け橋になりたい。やれることならなんでもやるフリーランス。

日々の暮らしを豊かにしてくれるアート・カルチャー系記事の執筆業以外に…#日本酒がある暮らしをコンセプトにしたメディア&コミュニティ『酒小町』の編集長をつとめるほか、作詞家、仲介・紹介業、対話型鑑賞会のナビゲーター、アート・映像ディレクターとして活動中。

Instagram:@shin_makiko

関連記事

  1. 横浜で人の温かさを伝えるネオンを作って34年!「スマイルネオン」…
  2. カルチャーショック!? ドイツ語の語学学校潜入レポート
  3. ウミネコのフンで運気アップ!?八戸のパワースポット蕪嶋神社を徹底…
  4. スキャンダル作品で揺れた「ドクメンタ15 」 現地在住者が経緯を…
  5. ちょっとハードルが高い!?エゴン・シーレ展の私のオススメ鑑賞法
  6. 浜町〜馬喰町エリアで注目の個性派パン屋を大調査!実食・下町春のパ…
  7. ミニスカートブームを誕生させたファッションデザイナー!世界を魅了…
  8. 【安くてウマい!】日本人が知らないオランダ・ビールの世界【明菜の…

シネマ

アート

おすすめ記事

「芸術文化観光専門職大学」見学記~平田オリザ学長と校内を巡る~

先日、たまたま兵庫県豊岡市を訪れる機会がありました。豊岡というところは、駅前にシャッター街が広がり…

「色彩と線の永遠なる葛藤」!マティス芸術の「核」に迫る!

20世紀最大の巨匠として、ピカソと並び賞される画家、アンリ・マティス。鮮やかな色彩と、迷い…

横浜山手西洋館で「花と器のハーモニー2023」が開催中!日本のいけばな七流派と世界各国の食器が華麗に競演!

楽活では、2022年から継続的に「ガーデンネックレス横浜」の取材を行っているが、会期後半に注目した…

イカの町のシンボル「イカキング」と「イカの駅つくモール」が語る奥能登の魅力とは!

能登半島北部の奥能登と呼ばれるエリアには風光明媚な九十九湾や小木港があり、イカの産地として有名です…

おすすめ京都本3選!京都に住んで1年半の筆者が紹介!

京都の本屋さんには、必ずといっていいくらい「京都本のコーナー」があります。京都を特集した書…